梅津慶一 diary

たことねこ

現在のボーカロイドへの不満

今のボカロ曲に対する不満を書きます。

まず、奇をてらったメロディーが多い。私はボカロ初期のオーソドックスなメロディーがすきです。たとえば、「歌に形はないけれど」「ダブルラリアット」「愛言葉」など。

次に、歌詞に日本語の間違いが多い。中高生が書いているのかなとおもいます。

最後に、物語風の歌詞が多い。私は、歌の歌詞は曲の邪魔にならない程度についていればよいので、最近の歌詞は「濃すぎる」。

最近のボカロは音楽としては進化しているのだろうけれど、80年代、90年代の音楽で育った私にはついていけなくなってきています。私がついていけるのは「パンダヒーロー」あたりまでです。