梅津慶一 diary

たことねこ

アガペー⑥

Tが死んだ。急性アルコール中毒。年上の不良に混じって酒を飲んでいたらしい。

Tにおびえて暮らす生活から解放された。

僕だけじゃない。クラスメートたちはやっと、本来の明るさを取り戻した。休み時間には、笑い声が響く。授業中には、小声のおしゃべりが聞こえたり、ノートの切れ端を使った手紙のやりとりが始まった。

僕はクラスメートたちと(もう少ししたら、友達と呼べるようになるだろう)遊びに出かけたり、お互いの家で無邪気な時間を過ごすようになった。

時田さんに、このことを話したら

「それは良かった」と少しだけ笑いながら言った。