梅津慶一 diary

たことねこ

わかった

取引をしよう。

俺は「ファイターまんじゅう」という呼び名の由来を教える。かわりに、そっちは記事100個を認める。これでどうだ。

「・・・・・・」

仕方ない。たこルカもつけてやる。

オーケー。取引成立だな。

ふー。ついにこの秘密を話すときがきたか。

・・・MHP3にギルドカードとかいうものがあるだろう。その中にニックネームみたいなものを書くところがある。まあ、普通は、「漆黒のナイト」とか、「爆発の電撃」とか、「伝説の勇者」とかいった、中二っぽい名前にするんだろうが、なにぶん、俺は新米ハンターだった。

そして、適当につけたのが「ファイターまんじゅう」だったというわけさ。

 

さあ、おれの通り名の秘密は話した。

次はそっちの番だ。記事の数を増やしてもらおうか。