梅津慶一 diary

たことねこ

環境について

2013年を生きている我々は2200年のことまで

考えて生きなければならないのか。

環境倫理学者は考えるべきだと主張するだろう。

私はあえて、反論してみたい。

 

2200年に、はたして人類は残っているだろうか。

わからないよね。

核戦争、人口問題、エネルギー問題、温暖化、隕石の衝突などで、人類は滅亡しているかもしれない。

そんな不確定な未来のために、現在の私たちが

あれこれと努力するのはナンセンスである。

私たちは自分たちと子供と孫ぐらいを心配すればよい。

 

具体的には、核兵器を削減する、食糧を増産する、

新しいエネルギーを開発するといったことはするべきだ。

しかし、温室効果ガスの削減はほどほどでよい。

今の中国とブラジルはひどすぎるが、日本やアメリカぐらいならよい。ロシアもまあよいだろう。

 

あえて、環境倫理学者に反論してみました。

意見があったら言ってください。