梅津慶一 diary

たことねこ

哲学病

中島義道「哲学の教科書」(講談社学術文庫

という本を紹介したい。

非常に危険な本です。

人生の坂道を転げ落ちる覚悟を持って読んでください。

 

自分以外はみんなロボットかもしれない、

地球は明日ほろぶかもしれない、

目に見えているものはすべて幻かもしれない、

といった「哲学病」についての本であり、

病を治すのではなく、悪化させる本です。

 

私は浪人生のときに哲学病にかかり、

大学2年ぐらいで治りました。

 

哲学病の原因は「かもしれない」といった

言葉の使い方に由来すると思います。

 

私は哲学病の治療法を書く元気がないので、

もう一冊紹介します。

ウィトゲンシュタイン「確実性の問題」です。

本屋になかったら、大きな図書館で探しましょう。

 

哲学病はノイローゼやうつ病と関係が

ありそうです。

 

あと一個だ。