梅津慶一 diary

たことねこ

阪神大震災

100を達成したためか、

書くことが思い浮かばない。

 

ウチは親戚がみんな兵庫県に住んでいて、

この時期に集まることはない。

私としては、お年玉をあげなくてよいのだ。

どうせ、2000円しか持ってないし。

 

父の実家が神戸市長田区で、

阪神大震災でつぶれ、燃えた。

現在は同じ場所に、新しく立て直して住んでいる。

 

阪神大震災のとき、つまり

1995年1月7日私は高校3年生だった。

その日、私は風邪をひいて学校を休んでいた。

高校3年間で唯一の欠席だった。

 

私がふらふらしながら居間に行くと、

父がテレビに見入っていた。

神戸の街がくずれ、燃えていた。

父は翌日から会社を休んで神戸に向かった。

大阪までは鉄道で行けた。

そこで自転車を買って神戸まで走った。

神戸で家族と再会し避難所に泊まり込んだ。

親戚のほとんどは無事だったが、

私からみて、いとこにあたる中学2年生の

女の子が亡くなった。

 

大地震様できれば眠っていてください。