梅津慶一 diary

たことねこ

「猫をめぐる冒険」第4回

「猫をめぐる冒険」第4回

 

新京成線の車内で考える。

僕は北海道に行くことになった。

猫と中田さんに会いに。

カバンの中には200万円。

時田のことはまるで分らない。聞かなかったのは僕だが。

まあ、いいか。旅行だよ。おいしいものを食べてこよう。

 

旅行なんて何年振りか。

荷物は着替えぐらい。

テレビゲームをする。落ち着かない。

布団に横になっても眠れない。

中田さんのことを考えよう。

「地味だけど美人」

地味な髪型。静かな物腰。

当時中田さんはそんなにもてなかった。

というか、今みたいにたくさんカップルが

できる時代ではなかった。

部活は入ってなくて、個人でピアノを

習っていた。かなりの腕前で、

「全国大会レベル」だという噂だった。

陸上部で長距離走をやっていた僕とは

一緒のクラスという以外、接点はない。

でも、意識していたんだよね。

おとなしくてまじめで、

地味だけれども美人の中田さん。

できたら会いたいな。