梅津慶一 diary

たことねこ

「猫をめぐる冒険」第6回

結局、その日連絡はなかった。

 

ホテルの予約は一週間らしい。

僕はもう勝手に動いちゃうよ。

まずは目に前にそびえる超高層ビルからだ。

45階に展望フロアがある。さっそく上がろう。

おお、カフェもあっていいじゃないか。

北海道大学が丸見えだ。

 

トイレに入ってびっくり、かべがガラスでできている。

盗撮されるなあと思いながら用を足す。

 

カフェに戻ってカフェオレを飲んでいると

真っ黒なスーツを着た女性が近づいてくる。

25歳ぐらい。どっちかといえば美人だ。

「熊野様ですね。これをどうぞ」

なにやら紙が一枚手渡される。

女性は何も言わずに去っていく。

紙にはどこかの住所が書かれている。

ん、これはもしや、僕が子供の

ときに住んでいたところかその近くじゃないか。

ここへいけばいいんだな。