梅津慶一 diary

たことねこ

猫は引き取れません③

今日は調子はまあまあ。

お、お客さん発見。

うそ?めっちゃかわいい女の子。スタイルはすらりとしているが、背はあまり高くない。小顔。広末や宇多田のようなショートカット。粗大ごみよりも僕たちの将来について話しませんか。

「あ、どうしました?」

できるかぎり、さわやかに話しかける。

「古いテレビを回収してほしいんです」

 

彼女の部屋に入ると獣臭い。母猫と3匹の子猫が私を警戒していた。

「ウチの猫が5匹も産んじゃったんですよ」

2匹はもらわれていったらしい。

「もしよかったら一匹もらってくれませんか?」

「えーと、ああ、いいですよ」

 

テレビを軽トラに積み込み、子猫を引き取りに来る約束をして、私は運転席に座った。

超タイプの子だった。また会える。

ぼんやりして車を発進させた。

 

次の休みの日に、猫ケージをもって彼女の家にやってきた。当然、自分の車だ。

30過ぎの男がドキドキしながら女の子の部屋にやってきたわけだ。子猫をもらいに。

 

できるだけ彼女のことを聞きだした。

24歳のOL、彼氏なし。

本当かはわからない。

でも、何か理由をつくって、また来よう。

 

帰ろうとしていたら、

「食事しに行きませんか。そこのファミレスに」

 

いいぞいいぞ。久しぶりに、人生の春の予感。

子猫がミイと鳴いた。