梅津慶一 diary

たことねこ

ももちゃん、普通になるの巻

そろそろ何か書いておかねばなるまい。

 てんかんでよろよろしていたももちゃんは、

元気になりました。

そして、普通の猫みたいになったよ。

 

すごく元気で、夜中にウチの家族を起こしていたももちゃんが、

人間と同じ生活リズムになった。

ごはんを食べすぎることもなくなった。

一日中、居間の日当たりのいい場所を探してはゴロゴロしている。

元気すぎたももちゃんが、ちょうどいいところに落ち着いた感じだ。

 

でも、顔のかわいさは健在です。

小顔でね、黒目が大きくて、にゃんとしている。

21歳のももちゃんですが、顔だけは3歳ぐらいに見えます。

カメラを向けると嫌がるので、顔写真はとれません。

 

ももちゃんがストーブにあたっている後姿ぐらいは写真にとれるものの、デジカメの充電器がなくなってとれない。

もしかしたら、ももちゃんが隠したのかも。