梅津慶一 diary

たことねこ

第4の猫②

次の日も猫さんはやってきた。

そして、一日中私の股間で過ごした。

明日も来るかな、はたして彼はやってきた。

そろそろ、彼の家を突き止めようと、私は、帰宅する猫さんを尾行した。

ウチの玄関を出て、道路を渡った。

3,4メートルの幅の、まあ、危なくもない道路だ。

そしてウチから見て、2軒目の家に入っていった。

そうか、ここが君の家か。

割と新しくてきれいな家。

庭には芝生がかがやいている。

 

庭に入った猫さんは、うんなぁと鳴いた。

少しして、網戸を開ける音。

主婦らしき人物がちらりと見えた。

猫さんがジャンプして家に入ると、今度はしまる音。

 

ふむう。

ここが彼の家なんだな。

 

キューイちゃん、おかえり。

家の中から声が聞こえた。

ふむう。

キューイちゃんという名前なのか。

 

もしもし、キューイちゃんは最近いつも、私の股間で寝てるんですよ、といいたいところだが、我慢しよう。

今日はここまで。

キューイちゃんについての調査は続行中であります。