梅津慶一 diary

たことねこ

第4の猫③

数日後のある日、私は病院に行っていた。

異常なし、よかった。

で、自転車で帰ってきたときに、キューイちゃんの家を見ると、キューイちゃんが玄関付近に寝そべっている。

おおい、キューイちゃんじゃないか。

近寄っても平気かな。

自転車を止めて、姿勢を低くして近づいてみる。

逃げないぞ。

おお、マイフレンド、キューイちゃん。

ところが、あと1メートルというところでアクシデント発生。

ガチャ。

ドアが開いた。

見上げてみる。

細くて長い脚、女子高生の制服、まあまあのお顔、茶髪気味で少し長めの髪。

私は急遽姿勢を正して、言い訳を開始する。

「あ、キューイちゃんがいつもウチに来るんですよ。あ、私、そこの梅津というものです」

切れ長の眼に見降ろされるのがつらい。

「そうですか」

もっとしゃべってくれい。

気まずいわ。

キューイちゃんが立ち上がった。

庭の方に行ってしまう。

おおい、君がいないと困るんだよ。

カムバック、キューイちゃん。

「かわいがってください」

そう言うと、女の子はおしゃれな自転車に乗ってどこかへいってしまった。

なんだ、この物足りないような感覚は。

もっと、怪しまれたり、逆にフレンドリーにするのが普通じゃないか。

随分とそっけない女の子だな。

まあいいや、命拾いした。

 

しかし、平日のお昼の12時に出かけていく女子高生というのもなんか変だな。

しかし、疲れた。

我が家に帰ろう。

 

ふと思いついた。

キューイちゃんは彼女の股間でも寝ているのだろうか。

間接キスみたいだな。

いやらしいな。

まあ、おじさんだからしょうがないよね。

しょうがない、しょうがない。

帰宅した。

ただいま。