梅津慶一 diary

たことねこ

第4の猫④(本日2回目の更新です)

次の日のお昼過ぎに、キューイちゃんを送っていくと、女子高生が庭で竹刀の素振りをしていた。

「剣道部なの?」

「違うよ。ストレス発散兼運動」

Tシャツ・短パンで竹刀を持った彼女の姿は女神様のようだ。

「学校は?」

「あんまり行ってないんだよね」

やっぱり不登校か。

まあ、この子ならトラック運転手でも務まりそうだから、高校中退でも大丈夫だろう。

「おじさん、会社は?」

「あんまり行ってないんだよね」

彼女が噴出して笑った。

正直言ってかわいかった。

「おじさんヒマでしょ?」

「うーん、まあね」

「この後、わたし、病院行くんだけど、一緒に行ってくれない?」

「え、何の病院?」

「神経科クリニック」

「あー、あー、どうしようかなあ」

「じゃあ決まりね。

わたし、シャワー浴びてくるから、用意しといてね」

そういうと、彼女は家に入ってしまった。

仕方ない。

私は自宅で着替えたり、貴重品を持ったりして、また、彼女の家に行った。

すでに準備をして待っていた彼女の私服姿は、どう見ても高校生には見えなかった。

どこかの大学のミスキャンパスといっても疑われないだろう。

「はい、じゃあ、行きましょうか」

駅まで一緒に歩く間に、いろいろ聞いた。

半年ほど前に、生意気な同級生をぶっとばしたこと。

停学1か月になったこと。

1か月に1回、クリニックに通うことを義務付けられていること。

クリニックで、統合失調症の疑いがあると言われていること。

 

「それで、今日はなんで、僕を引き連れていくの?」

「偉い人は、お供を連れているものなの」

「・・・なるほどね」