梅津慶一 diary

たことねこ

第4の猫⑤(本日3回目の更新です)

駅から10分ほど電車に乗ると、終点の大きな駅に着く。

そこから歩いてすぐの雑居ビルに、目的のクリニックはあった。

2時に予約してあるらしい。

エレベーターを降りると、きれいな歯医者さんのようなクリニックがあった。

「予約している渡辺塔子です」

彼女は言って、診察券を出す。

そうか、塔子さんというのか。

彼女の名前を知らなかった。

そういえば、私の名前を彼女は知っているのか。

気になったので聞いてみた。

「梅津のおじさんでしょ」

「名前は?」

「知らないよ」

「・・・慶一です」

「梅津慶一のおじさん」

そういって、彼女はけたけたと笑った。

こういうところはまだまだ高校生だな。

あまりしゃべることもなく待っていると、15分ぐらいで、

「渡辺塔子さん、中へどうぞ」

とよばれた。

診察室に入る。

50歳ぐらいの女医さんだ。

「あ、私は付添いの梅津というものです」

「高校の方ですか?」

「あ、いえ。彼女の友達です」

「そうですか」

友達には見えないだろうなあ。

でも、他に言い方もないしねえ。

「調子はどうですか?」

「まあまあです」

と診察が始まる。

当たり障りのない会話に聞こえるが、精神科医には重要な意味があるのだろう。

最後に、私に向けて

「梅津さん、塔子さんと仲良くしてあげてくださいね」

と言って、診察は終わった。

薬をもらって外に出ると、すごい解放感。

「ふー、疲れたね」と言って、彼女を見るとなんだか元気がない。

「わたし、病気なのかな」

「うーん、大丈夫そうだよね」

「そうだよね・・・・・・よし、遊びに行こう」

 

洋服を買って、クレープを食べて、ゲームセンターに行って、長い一日が終わった。