梅津慶一 diary

たことねこ

第4の猫⑥

「わたし、やっぱり高校辞める」

僕とキューイちゃんに向かって塔子さんは宣言した。

僕は偉大な発言に対して拍手を送った。

盛大な拍手は長らく続いた。

口笛をヒューヒュー鳴らすやつもいた。

 

「それで、おじさん。

わたし、どうすればいいと思う?」

「専門学校だな」

私は即座に断言した。

「ふーん、何の専門?」

「調理だよ。料理の作り方を勉強するんだ」

「・・・料理か。まあそれでもいいかな」

「僕がいい学校を調べておくよ」

僕は専門学校案内の分厚い本とインターネットを駆使して、お姫様の学校をさがした。

 

結局、彼女は僕が選んだ調理師専門学校に入学した。

例の電車で10分の駅にある大手専門学校だ。

2年間まじめに通ってほしい。

こんな僕の気持ちを裏切るように、彼女はキャバクラでバイトを始めた。

駅前でスカウトされたんだと。

まあ、僕がスカウトマンでも、彼女に声をかけるだろう。

「キャバクラはだめだ。人生を失敗してしまう」

私の説得も効果はなかった。

 

しかし、彼女はキャバクラをやめた。

というか、やめさせられた。

生意気な先輩キャバ嬢をぶっとばしたのだ。

いやあよかった。

生意気な先輩キャバ嬢が今年のMVP確定だね。

 

キャバクラをあきらめた彼女は、飲食店でバイトをしたり、カラオケボックスでバイトをしたり、たまに学校に行ったりしていた。

2年生の後半に、中堅のファミレスに内定してからは、猛烈に勉強をはじめた。

調理師の資格をとらないと就職できない決まりだ。

僕とキューイちゃんは彼女に負けないくらい猛烈に応援した。

 

なんとか合格証書を手にした彼女は「やっぱ、わたしってすごい」と笑っていたが、僕とキューイちゃんは号泣したものだ。

 

ファミレスに入社した彼女は、茨城県の店舗に配属になり、引っ越して一人暮らしをはじめた。

僕とキューイちゃんは遠くから見守るしかない。

メールで「大丈夫?」と聞くと「まあ、なんとか」なんて返事が返ってきたものだ。

そんな日々が2年ほど続いた。