梅津慶一 diary

たことねこ

白人少女を見た

こんにちわ、慶一です。

 

歯医者に行ってきました。

奥歯の神経を抜くという大変な作業のせいか、1時間かかった。

 

今日はこの歯医者がメインイベントのはずだった。

ところが・・・・・・。

 

歩いて帰宅する途中で、下校中の小学生たちとすれちがった。

その中に、いたのだ、3年生ぐらいの白人少女が。

見かけるのは1年半ぶりぐらい。

さびしそうに泣いていたその子の表情が少し明るくなっていた。

よかったねえ。

 

柏市のはずれの通学に30分もかかる田舎に突然放り込まれた白人少女。

当然簡単には周囲になじめない。

かわいそうな女の子。

僕は自分が弱い人間だから、同じように弱いものに共感してしまうのだ。

だから、その子が少しでも明るくなったらうれしいのだ。

 

あの子がいつか、クラスのアイドルになりますように。