梅津慶一 diary

たことねこ

猫さんと塾の先生

私は無能で碌でもない人間ですが、今までの人生でこれだけはやった、と言えるものが二つある。

ももちゃんのお世話と学習塾での指導だ。

 

ももちゃんのトイレやエサは、主に私が担当した。

ももちゃんはいつも私の部屋に来た。

いつも私の部屋の押し入れで寝ていた。

ももちゃんの膀胱炎に気づいたのも私だ。

 

ももちゃんを21年間、一番かわいがったのは私だ。

家族が外出していないとき、私だけはももちゃんのお世話のために自宅に残った。

 

今も私はももちゃんと共に生きているよ。

 

 

 

もう一つの方、塾の講師としては、個別指導した生徒が思い出深い。

個別で中学受験をするのは難しいのだが、3人ぐらいが志望校に入った。

高校受験では15人ぐらいは、私のおかげで受かったといえる。

彼らの人生に、本人は忘れていようとも、私の功績が隠れているのだ。

 

もっと、塾で教えたかった気もする。

でも、他の講師とうまく付き合えなかったりして・・・。

もう39歳では講師は厳しい。

さらに、いろんな病気もあるし・・・。

 

また、猫さんのお世話をしてみたいけど、両親の病気や私の年齢、独身であることなどからいって、もう無理かな。

猫さん10匹飼いたいな。

 

ももちゃん、愛しています。