梅津慶一 diary

たことねこ

歯医者と虐待とおやつの話

株はマイナス5000円でした。

あ、でも、8万円分売ったので、小遣いができました。

珈琲館にチーズケーキを食べに行く予定です。

個人投資家たちの掲示板に招待してもらったので、ちゃんと書いたよ。

 

でさ、さっき歯医者いったんだけど、歯の中で模型を作っているかのように手が込んでいて、なかなか終わらんのよ。

支柱を立てて、梁を巡らせて、そこに樹脂の粒を詰め込んでいるみたい。

さらに、これが終わったら、口腔外科で親不知を抜いてもらうのだが、手術とか入院とか面倒なことになりそうで怖い。

 

スペースが余ったので、もう一つ別の話。

ウチのそばに子供を虐待している家がある。

虐待といっても、普通の暴力ではなく、言葉の暴力だ。父親がいない家庭なんだけど、母親が、息子に

「バカ、こんなこともできねえのかよ」

とかいった声がよく聞こえてくる。

子供は小学3年生ぐらいだが、幼稚園にいっていない。

この子が中学生・高校生になったらとイメージすると怖い。

なんか事件を起こしそうだ。

 

あ、そうだ。

めったに外出しないから、歯医者ついでに、たくさんの飲み物・おやつを買ってきた。

でね、金のミルクをなめたら虫歯箇所が痛いんだよね。

失敗したかな。

あと、スナック菓子を見て、母ちゃんが怒るだろう。

 

それじゃあ、さようなら。

また逢う日まで。