梅津慶一 diary

たことねこ

運が悪いと死ぬかもしれない?

www.asahi.com

www.asahi.com

この二つの記事を読むと泣きそうになります。

希望さんは、犬たちを助けようとしなければ、助かったのかもしれない。

 

やさしい人が亡くなって、私のような愚かな人間が生きていることに罪悪感を感じる。

 

希望さんは運が悪かったのだ。

この一言で終わらせることもできる。

だが、終わらせられないのが人間の心というものだ。

 

なぜ、希望さんは運が悪くて、私は運がよかったのか。

とても神様なんかが決めたとは思えない。

この違いはどうして生じたのか。

はっきりと説明できる宗教はあるだろうか。

「前世の業が・・・」と言われて納得できるだろうか。

 

それに対して、科学者や哲学者は偶然だというだろう。

それが正しいのかもしれないが、世界とは残酷さに満ちている。

私たちが日本に生まれたこと。

途上国や内戦の国に生まれた人たちが苦しんでいること。

考えていると、悲しくなってくる。