梅津慶一 diary

たことねこ

猫と犬

にゃんともびみょうなことが起こっています。

ウチの隣の空地の植物・動物駆除剤の効果が切れたらしく、雑草が生えてきたのだが、今日はついに猫さんが喧嘩をしている。

パソコンデスクに座ったままで、猫さんを見られる~。

 

さっきはね、飼い猫だけど外に出している猫さん2匹が喧嘩していました。

友達になればいいのになあ。

 

イメージ図

f:id:umezukeiichi:20150814173400j:plain

 

 

 

さて、今日は小説を書こうかと思うのですよ。

題名は「りょうくんとロジャー」

はじめます。

 

夏休みの最初の日、ママは3枚の一万円札をりょうくんに渡しました。

「それで食べ物を買いなさい」

そう言ってママは家を出て行ったのです。

 

りょうくんは12歳の小学6年生。

勉強は苦手だけど、元気の良さなら負けません。

 

ママがいないので好きなだけテレビゲームができる。

でも、3時間ぐらいゲームをしたら、おなかがへってきました。

「よし、ご飯を買うぞ。」

コンビニでお弁当とお菓子を買います。

りょうくんは体が大きいし、もう夏休みだから、小学生が弁当を買っていても、誰も不思議に思いません。

 

家に帰ると「わおん」と小さな声でロジャーが寄ってきました。

ロジャーはシベリアンハスキー

年は10歳ぐらいらしい。

「あ、ロジャーにもエサをやらないとな」

ドッグフードをあげるだけだから簡単です。

りょうくんは弁当を食べ終わって、ゲームの続きをしようとしました。

う、くさい。

ロジャーがうんちをしたのです。

ちゃんと処理用のマットの上にします。

でも、いつもはママがやっているので、りょうくんがかたずけるのは、まだ3回目ぐらい。

なんとかかたずけると、りょうくんは「いつまでこうしていればいいのかな」と思いました。

 

夜の9時になって、りょうくんは「お風呂はどうするんだろう」と心配になりました。

10時になってもママが帰ってこないので、りょうくんは眠ってしまいました。