梅津慶一 diary

たことねこ

テレビを観る人間はバカである。

午後8時に起きて、晩御飯を食べていたんだ。

 

両親はもう食べ終わっていて、テレビを観ながらくつろいでいた。

 

テレビでは、野生の豹(ヒョウ)が獲物を捕まえようとしていた。

しかし、15歳のおばあちゃんヒョウでは、獲物を捕まえられない。

かわいそうに、一日中走り回って、何も捕まえられなかった。

そして、ねぐらでは、おなかをすかせた子供が2匹待っている。

 

なんてかわいそうなんだー。

テレビでこんなにかわいそうな話を流すなー。

 

と私は思っていたが、両親が見ているのだから黙っていた。

 

 

 

その番組が終わり、次の番組がはじまった。

日本の文化について外国人15人ぐらいが意見を言う番組。

たぶんNHK

 

テーマは「なんで日本人は他人の子供を叱らないのか?」

 

この番組で私はキレました。

 

俺は晩御飯を食べてるんだよ。

無理やり日本文化について考えさせるんじゃねえ。

 

私がキレたので、両親はテレビを消しました。

そして、私が食器を洗って自室に戻ると、またテレビをつけていました。

 

俺の部屋にも聞こえるんだよ。

うるさいんだよ。

 

 

 

テレビはバカが見るものです。

感受性の鋭い人や思慮深い人は見ません。

 

賢い人間になりたかったら、テレビを捨てましょう。

そして、新聞・雑誌・書物・ネットといった、能動的に付き合うメディアと接するようにしてください。

 

これができない人は、賢者になるのをあきらめましょう。

愚かな一般大衆として生きてください。