梅津慶一 diary

たことねこ

私にはブログの師匠がいた。

何か書かなくてはならない、という強迫観念にかられて書き始めたものの、師匠の言葉を思い出した。

「無理して書かなくてもいいんだよ」

うん、私はユックリストなんだった。

あやうくまわりに流されるところだった。

 

師匠の名前は変わっていて「温泉卵がつくれない」という。

今は別のブログで、別の名前で書いている。

 

温泉卵さんは私が苦労して書いた記事にスターを付けてくれた。

毎日、頑張って書いているのに、一日にスターが3個ぐらいしかつかないころだった。

私の努力を見ぬいているかのようだった。

とても励みになった。

 

しかし、私ははてなブログを出て行って、エキサイトブログで一旗揚げようとした。

エキサイトブログでグータラしている頃に、師匠もはてなブログから飛び出した。

何でかはわからない。

たぶん、はてなでやりたいことが終わったのではないだろうか。

さっきも書いたように、今は別のところにいるのだが、はてな時代とはまるで違うことを書いている。

 

私はエキサイトでやりたいことを終えて、はてなに戻ってきた。

 

少しは賢くなったはずだ。

 

書くことがない時は無理に書かなくてもいい。

でも、ちょっと努力しよう。

 

私は師匠ほどの実力がないから、無理をしてがんばってもいいのではないか。

それでも書けなければ、引退だ。

 

 

 

めちゃくちゃな文章だが、師匠を紹介したかったので、あえてこのまま公開しよう。