梅津慶一 diary

たことねこ

コンピューターはどんな声で歌うのか。

 

さっきね、衝撃を受けたのが落合陽一氏のこと。

 

まさに天才だね。

 

 

 

あ、どうも、私です、おはようございます。

 

 

 

さっきね、落合陽一氏に興味を持って、ネットで調べてたらびっくりしちゃったよ。

 

コンピューターテクノロジー開発の第一人者にして、ネットやAIが社会をどんなふうに変えるのかを研究している社会派の研究者・評論家でもある。

 

わずか30歳にして筑波大学准教授。

 

テレビにバンバン出ている。

 

さらに会社の経営者でもある。

 

うらやましい。

 

 

 

最新の難解な著作『デジタルネイチャー: 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂』では哲学の領域にも踏み込んでいるらしい。

 

人格とか知識とか世界とかが融解していって、宇宙がまるで一つの生命体みたいになると考えているみたい。

 

こういうのは仏教哲学などに近いものがあるね。

 

 

 

でさあ、彼のお父さんが、あの落合信彦氏だっていうのだからさらに驚きだ。

 

行動派の父親から思弁的な息子が生まれたんだな。

 

遺伝って不思議だよね。

 

 

 

おいらも天才に生まれたかったでござる。

 

 

 

 

 

さて、話は全く変わるが、私が大好きな声優さんである佐倉綾音さんがAfterglowというユニットでボーカルをやっているのだけれども、声がすごく低くてびっくりした。

 

まじでびびった。

 

佐倉綾音さん、とても美人なので、ぜひ画像検索してみてください。

 

 

 

それじゃまたね。