梅津慶一 diary

たことねこ

第2回読者数50人突破記念・原爆とか選挙演説とか。

 

読者数が50人を突破しました。

 

やりました。

 

皆さんのおかげです。

 

これからもがんばっていきたい。

 

 

 

・・・・・・

 

何か前にもありましたなあ。

 

・・・・・・

 

まあいい。

 

めでたい。

 

節目だ。

 

 

 

といってもですね、記念になるようなことが特にないので、いつもどおりに書きます。

 

今日は8月9日、長崎の原爆の日ですね。

 

原爆はひどい。

 

何がひどいかというと、兵隊でない一般の人を大量殺戮したのがひどい。

 

ユダヤ人虐殺と同じ理屈ですね。

 

 

 

でね、私は高校生の修学旅行で、広島の原爆資料館に連れていかれたんだけど、あそこは気持ち悪すぎる。

 

死体の写真とかが多いのだよね。

 

私が思うに、世界中の人々に原爆のひどさを知ってもらうには、もっとソフトに展示するべきだと思う。

 

例えば、コンクリート製の階段に座っていた人が、一瞬で蒸発してしまって、人の影だけが残っている写真があるじゃないですか。

 

ああいう写真で原爆のひどさをつたえればよいと思う。

 

 

 

ただね、実は私は、原爆投下は仕方がなかったと思っているんです。

 

もしも原爆を使わなかったら、日本人とアメリカ人の双方に莫大な死傷者が出たと思うんだよ。

 

アメリカ軍が沖縄から九州・四国・中国地方に進撃していったならば、死傷者が双方で500万人ぐらいになったんじゃないでしょうか。

 

それを防ぐためには、残念ながら、原爆投下は仕方がなかった。

 

そう思います。

 

 

 

 

 

さて、原爆投下は大事な問題だが、現在では、別の問題もある。

 

例えば、温暖化による異常気象の問題。

 

例えば、日本における労働環境悪化の問題。

 

あるいは女性差別の問題。

 

 

 

 

 

こうした問題解決のため、ぜひとも、私を国会の場へ送っていただきたい。

 

次の選挙ではぜひともわたくし、梅津慶一に清き一票をよろしく賜るようお願いして、この演説を終わりにしたいと思います。

 

どうもご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

じゃあまた。