梅津慶一 diary

たことねこ

ライトノベルと大食いとDJ。

 

おはようございます。

 

手袋をしたままキーボードをたたこうとして、断念した私です。

 

室内なのに、コートを着ています。

 

 

 

しばらく更新できなかったのは、寒すぎたのと、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』の小説版を読んでいたからです。

 

そして今日、やっと更新しようとしたら、Youtube三宅智子さんの大食い動画とAviciiのライブ動画を見つけて、5時間ぐらい見ていて、ますます遅くなりました。

 

 

 

大食い女性の中で私は三宅さんが一番好きです。

 

美人だし、背が低いし、食べ方がきれいだし、性格がよさそうだから。

 

 

 

Aviciiをご存知でしょうか?

 

今年の4月に28歳で自殺してしまったアメリカ人のDJです。

 

「Wake me up」と「Waiting for love」が入門曲としておすすめです。

 

 

 

やっと本題だけど、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』を探しに、近所のツタヤに行った私は、小説版を発見し、6冊購入しました。

 

そのあとで、DVD版を探したものの見つけられなかった。

 

というわけで、「涼宮ハルヒの憂鬱」以来久しぶりにライトノベルを読んだ。

 

まだ、第5巻を読み始めたばかりだが、今のところ、がっかり。

 

ヒロインが死んでも泣かなかったし、第4巻は夢なのか現実なのかわからない変な内容だった。

 

まあしかしね、最近のライトノベルはけっこうレベルが高いことは分かった。

 

500年前と現在を行き来する複雑な構成、宗教の根源に迫る思想性。

 

うん、まあ、がんばって第5巻を読んでみます。

 

 

 

それじゃまたね。