梅津慶一 diary

小人症と気分変調症と潰瘍性大腸炎と睡眠障害の私のブログです。

猫さんのけんかに煩わされたくないから引っ越したいでござるの巻。

 

こんばんわ。

 

お風呂に入って元気いっぱいの私です。

 

 

 

ここ数日ね、猫の鳴き声がうるさいんだよ。

 

まあでも、昨日までは、ああ、野良猫が鳴いているのかなと思って我慢していたのだが、今日は2匹の猫が喧嘩でもしているのか、1日中うるさくてもう我慢ならんぞ、というところまできている。

 

しかし、外まで様子を見に行くのは面倒だし、ちょうど今、お風呂に入ってしまったので、湯冷めするのが嫌で外出できない。

 

あとね、単に雄猫と雌猫がにゃんにゃんしているだけかもしれないし、私の姿を見た猫がびっくりして大けがをしても困るので観察を控えている次第でござるの巻。

 

 

にゃんこさん、好きです。

 

愛しています。

 

それなのに諸事情により、飼うことのできないこのつらさよ。

 

 

 

近所にね猫を外飼いしている迷惑なウチがあるんよ。

 

エサをあげるだけで家には入れないのね。

 

ほんと神経を疑うよ、マジむかつく。

 

 

 

でさあ、その家の25歳ぐらいの息子がいつも深夜2時にお風呂で大声で歌っていたんだよ。

 

バンプオブチキンとかを。

 

その迷惑息子が一人暮らしを始めたのかそれとも結婚したのかわからないが、いなくなった。

 

やったー。

 

万歳三唱。

 

 

 

ところがね、その隣に住む家の息子がまだ小学1年生ぐらいなのに、すでにうるさいやつになり始めていて困る。

 

妹を泣かせたりしているのね。

 

 

 

ウチの近所は不良とかひきこもりとか変な子供ばかりで嫌になるよ。

 

この地域は呪われているな。

 

そういえば、自殺した女の子もいたな。

 

 

 

郊外の一戸建て住宅はマジでやばい。

 

絶対にマンションにすべし。

 

 

 

 

 

今日は鍋だ。

 

おなかがへった。

早く食べたい。

 

 

 

そんじゃまたね。