梅津慶一 diary

小人症と気分変調症と潰瘍性大腸炎と睡眠障害の私のブログです。

宇宙を歩く猫。

 

おはようございます。けーいちです。

 

おはようございますにゃ。ももちゃんです。

 

 

 

ねえねえ、けーいちさん。

 

何?

 

マネージャーがもう帰ってこいって言ってるにゃ。

 

え?今週いっぱいは大丈夫なんでしょ?

 

そうなんだけど、ももちゃん考えたんにゃ。

 

ゆっくりといろんな星を見ながら帰って、新しいアイデアをゲットしようかなあって。

 

ももちゃん、実は最近マンネリなんよ。

 

そうか・・・。

 

うん、いいかもしれないね。

 

地球はもうももちゃんには合わないかもしれない。

 

そうか、やっぱりそうか、にゃるほどにゃ。

 

 

 

よし、さっそく帰るにゃ。

 

え?どうやって?っていうかそもそも、ももちゃんどうやってきたの?

 

来るときは自家用宇宙船で来たにゃ。

 

でも、帰りは歩いて帰ろうと思うにゃ。

 

・・・歩いて帰る・・・。

 

って何日かかるの。

 

うーん、ゆっくりだと50億年はかかるにゃ。

 

でも、走ったり宇宙バスを使えば一か月ぐらいだにゃ。

 

それでもマネージャーには怒られるけど、やっぱりいろんなところに寄り道してみるにゃ。

 

うん、それがいいね。でも、毎日、マネージャーさんには連絡を入れるんだよ。

 

あ、そうだ、さっき見つけたこのCDがすごくかっこいいから聴きながら行くといいよ。

 

僕はSimple Plan のStill Not Getting Anyを渡した。

 

わかったにゃ。

 

 

 

それじゃあ、けーいちさん、しばらくお別れにゃ。

 

うん、ばいばい、ももちゃん。

 

 

 

ももちゃんの姿が少し薄くなって、天井に向かって歩き出したと思ったら、すり抜けていった。

 

僕は家から出て空を見上げた。50メートルぐらい上にももちゃんらしき姿が見えた。

 

100メートルを超えると見えなくなった。

 

 

 

とってもきれいな春の空があったたかった。

 

 

 

部屋に戻るとももちゃんがいた。

 

おわー、ももちゃん、どうしたの?

 

あ、これは通信にゃ。

 

時々連絡するからよろしくにゃ。

 

う、うん、わかった。

 

ただいま高度1000メートル付近にゃ

 

 

 

ももちゃん元気でね。

 

けーいちさんこそ、体に気を付けるにゃ。

 

うん。じゃあね。

 

 

 

にゃ、速度上昇、レッツゴー!

 

 

 

ももちゃんまたね。

 

 

 

少し涙が出た。