梅津慶一 diary

小人症と気分変調症と潰瘍性大腸炎と睡眠障害の私のブログです。

本を読んだり、テレビゲームをしたり。

 

こんにちわ。

 

おへそを掃除しすぎて痛くなった私です。子供みたい。

 

 

 

今日も病院に行ってきました。

 

それでね、待ち時間が2時間ぐらいだったので、松戸に行きました。

 

ブックオフで本をあさること、およそ1時間30分、8冊の本を買ってきました。

 

8冊で1400円だったので、うまく買えたといっていいでしょう。

 

買った本はね、

 

東京バンドワゴン小路幸也

 

「魔法飛行」加納朋子

 

墜ちていく僕たち森博嗣

 

「ロスジェネの逆襲」池井戸潤

 

「思想地図5」東浩紀ほか

 

「エソラ2」伊坂幸太郎ほか

 

「ボロボロになった人へ」リリー・フランキー

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年村上春樹

 

です。

 

 

 

あとで読むつもりです。

 

半分ぐらいがあたりだといいな。

 

 

 

話は変わってテレビゲームのことなんだけど、「ドラクエヒーローズⅠ」

をクリアしました。

 

2回目だったんで、大した感動とかはないけれど、ちょうどいい暇つぶしになった。

 

それでね、思ったことがあるんだよ。

 

このゲームはアクションゲームであり、15個ぐらいのボタンをうまく押していかなきゃいけない。

 

はたして10歳ぐらいの子供にできるだろうか?

 

 

 

ちょっときついかもね。

 

それでさ、最近のテレビゲームが難しくなりすぎたのが、子供たちのテレビゲーム離れの原因じゃないの?

 

子供たちはテレビゲームから離れて、カードゲームやスマホで遊ぶようになった。

 

わたしはそう思うんよ。

 

 

 

でね、別にそれでいいと思うんだ。

 

テレビゲームは大人のもの、カードゲームが子供のもの。

 

そんなふうになってもいいじゃん。

 

いかがでしょうか。

 

 

 

私の意見でした。

 

それじゃあまたね。