梅津慶一 diary

たことねこ

ラジオっぽく

梅「はーい、こんばんわ。

  金曜日の夜12時になりました。

  梅と桃の「ぶっちゃけ、かったりい」の時間です」

桃「はーい、こんばんわ。夜はネコの時間。

  いつもあなたの隣でぬくぬくゆっくりももちゃんです」

梅「いやあ、はじまりましたよ。

  我々の時間が」

桃「もう、何するかわかりませんよ。わしら、本気だしたら

  このラジオ局吹っ飛びますよ。たかじんどころやないで」

梅「おお、ももちゃんハイペースですね。

  飛ばしすぎてあとでだれるパターンですね。

  まあ、とにかくじゃあ、お便りからいきますか。

  ラジオネーム「熊谷剛くまがいつよし」さんから。

桃「本名出してるやないか。あほすぎるで剛」

梅「はい、あほの剛からのお便りいってみます。

  梅と桃のお二人こんばんわ。さっきコンビニに

  行ってきたんですよ。そしたら、店員が

  超かわいい子で「好きです」って言っちゃたんですよ。

  そしたら速攻で店長呼ばれて、店の裏でぼこぼこに

  されました。「オレの女に手え出すな、こら」言われまし 

  た」。ありますねえ、こういうこと。

  剛、君は強い子だ。これにくじけないであほやってくれ」

桃「うん、最近の店長は強いですからねえ。

  もっと鍛えてからリベンジですよ。がんばれあほの剛」

梅「はい、ではここで一曲聴いてもらいましょう。

  「渚の震度バット」」

桃「剛やりよるなあ。猫缶送ったろ」