梅津慶一 diary

たことねこ

学校について

前にも書いたようなことを、また書きます。

 

優秀な子供は、国際的に活躍する技術者になったりします。

普通の子供は、国内の営業職や販売員になります。

勉強ができない子供は、肉体労働をやったりする。

 

これらの子供たちに、高校まで同じカリキュラムを教えるのは無駄でしょう。

15歳ぐらいから先は、コース分けするべきだ。

 

学問を修めるコース。

読み書きそろばんとコミュニケーション能力を学ぶコース。

体力をつけるコース。

 

どうでしょう。

無駄がない。

 

ドイツやフランスでやっている方式ですね。

安倍総理もこのあいだ、これに似たことを言っていました。

職業学校とか言っていましたね。

 

おわり。