梅津慶一 diary

たことねこ

子猫を気軽に拾うと、家庭が崩壊することがある。

猫のことはいつも書いているので、あんまり猫のことばかり書くと、飽きられてしまうけど、昨日の読売新聞に、猫が好きすぎて、飼いきれなくなったという記事があったんです。

猫を50匹以上飼っていて、ついにギブアップした人が何人もいるらしい。

そして、行政が管理するべきだ、という記事です。

この記事の主張の妥当性は、今日は書きません。

今日、問題にしたいのは、人の心をとらえて離さない、猫のかわいらしさです。

f:id:umezukeiichi:20150719143916j:plain

 こんな子猫にニャーニャーと鳴かれては、飼わざるを得ない。

そして、

f:id:umezukeiichi:20150719145959j:plain

こんなふうになって、去勢・避妊をちゃんとしていないと、新聞記事のようになってしまいます。

 

他人事ではないんですよ。

猫なんて興味ないよ、と言っていた人でも、猫の魔性の魅力には抗しがたいのです。

 

ポイントは去勢・避妊をきちんとするかどうかです。

飼い始めたら、必ず去勢・避妊をしてください。

手術やエサ代やなんやかんやに10万円ぐらいかかります。

家族会議をして、ちゃんと飼うという決意をしてから、子猫を拾いましょう。