梅津慶一 diary

たことねこ

ももちゃんのレーザービーム。

けーいちさん。

ぎゃっ。

ももちゃん、パソコン画面から出てくるのだめ。

 

緊急事態なんですよ。

モスクワに行きますよ。

 

え?

 

おお、モスクワだ。

クレムリン宮殿がある。

 

あのー、何をするんですか?

 

ああ、プッチンを殺すんです。

 

え、ロシアの大統領を殺すんですか?

 

はい。

早くしないと、あいつは核兵器を使います。

その前に殺します。

 

あー、かわいそうに。

でも、返り討ちに会うんじゃないの。

 

そうかもしれません。

しかし、もう時間がない。

行きますよ。

 

ももちゃんはしゃべりながらもどんどん進んでいく。

衛兵は皆殺し。

 

地下深くに向かっている。

 

核兵器の発射ボタンは地下50メートルの司令室にあるらしい。

 

 

 

がやがやがや。

 

おっと、プッチンとその取り巻きにはちあわせ。

 

あわてて隠れる私。

レーザー銃で戦うももちゃん。

 

取り巻き連中の撃つ弾丸をかいくぐって戦うももちゃん。

よし。

あとはプッチンだけだ。

 

あれ、ももちゃんどうしたの。

 

どうやら、レーザー銃のエネルギー切れ。

 

にやりと笑い、拳銃を取り出すプッチン。

 

ももちゃんが渾身の力でレーザー銃を投げた。

ジェット機のような風圧。

 

 

 

プッチンの頭が無くなっていた。

 

やった。

勝ったよ。

ももちゃん。

 

やりました。

地球の危機を救うことができました。

はあはあ。

 

追手が来る前に帰りましょう。

 

 

 

気が付くと、私の部屋に戻っていた。

 

本当にプッチンをやっつけたのだろうか?

 

新聞のネット版を開いてみると、「プッチン大統領 心不全のため急死」

 

夢じゃなかったんだ。

ももちゃん、やったね。

 

はい。

危ないところでした。

プッチンは頭がおかしくなったんです。

もう少しで、世界が滅亡するところでした。

 

 

 

ねえ、ももちゃん。

 

はい。

 

私は何のために連れていかれたの?

 

ああ、間違えてここに来ちゃって、ついでだから暇そうなけーいちさんを連れて行ってしまいました。

面白かったですね。

 

・・・・・・。

 

・・・・・・。

 

ももちゃん、だっこもふもふの刑だ。

 

わー、でも、けーいちさんがいたから落ち着いていられたんですよ・・・・・・。

 

とにかくよかった。

ファミレスでお祝いしよう。

 

ハイ!

ピザとスパゲッティーとハンバーグとドリンクバーでお祝いしましょう。

 

 

 

これが「プッチン急死」の真相だったんだけど、信じてもらえる?