梅津慶一 diary

たことねこ

関ヶ原の戦いの真実とは。

<これは私とワンダーキャットももちゃんが世界を平和にする物語である。>

 

 

 

ももちゃん、そんなにゴロゴロしていていいの?

忙しいんでしょ?

 

うーんと今日の予定は・・・。

関ヶ原の戦いですね。

 

え”。

 

じゃあそろそろ行きますか。

 

また、ドンパッチなの・・・。

とほほ。

 

 

 

はい、関ヶ原上空に到着しました。

西暦1600年10月21日でございます。

 

 

 

おーおーやっておりますなあ。

島左近かっこいい。

徳川家康は「主力部隊が来ないよう」と泣いている。

 

どうやら西軍が押しているようですね。

どうやったら東軍を勝たせられるのかな。

と、ももちゃんも困り顔。

 

ほら、例の小早川秀秋の寝返りだよ。

 

うーん。

その小早川秀秋を見てくださいよ。

 

ん?

あ、もう戦場から逃げ出そうとしている。

これはまずい。

 

仕方ないですねえ。

そう言うと、ももちゃんは鬼神のごとき姿に変身して、小早川秀秋の目の前に現れた。

小早川秀秋よ、東軍に寝返らねば、この場で食い殺すぞ」

 

秀秋は回れ右して、西軍に向けて軍扇を振り、自ら駆けおり始めた。

小早川秀秋部隊が一気に西軍に襲い掛かる。

 

後は知っての通り。

日本史上最大の合戦は、あっけなく勝負がついた。

 

 

 

あー、西軍かわいそう。

ボコボコにやられてるよ。

ねえ、ももちゃん、もしも西軍が勝っていたらどうなったの?

 

日本は戦国時代に逆戻り。

そして、スペイン・ポルトガルの植民地になります。

 

・・・そうか、しょうがないんだな。

 

さあ、わたしたちも帰りましょう。

帰って、コーラを飲みましょう。

 

そうだね、こんな血なまぐさいところはもう十分だ。

帰ろう。

 

 

 

ももちゃーん、コーラが血に見えるよ。

怖いよう。

 

けーいちさんは怖がりですねえ。

あ、ほんとに血に見える。

 

 

 

これにて一件落着。