梅津慶一 diary

小人症と気分変調症と潰瘍性大腸炎と睡眠障害の私のブログです。

平成でナンバーワンの三毛猫。

 

おはようございます。

 

やっと夜型から抜け出しかけている私です。

 

 

 

最近、平成時代が終わるという話題があるじゃないですか。

 

そこで、私も書いてみます。

 

私にとって、平成の30年間はどんな時代だったのか。

 

 

 

平成になったのが、私が小学校6年生の時だったと思う。

 

冬休みの最終日1月7日の午前10時ごろ、弟が、まだ寝ている私の部屋に来て「天皇が死んだ」と教えてくれた。

 

昭和天皇が死んだということですね。

 

 

 

時間が一気に飛んで、私が18歳で高校3年生の時、我が家に猫さんがやってきました。

 

とーってもきれいな三毛猫さんで「もも」と名付けられました。

 

メスです。

 

 

 

三毛猫ってなんか野良によくいて、毛艶がぱさぱさなイメージない?

 

その点、ももちゃんは毛艶はぴっかぴかでスタイルもすらりとしていて、まるで三毛猫っぽくなかった。

 

そんなお上品なももちゃんだが、やっぱり若い猫は遊ぶ、遊ぶ。

 

ウチの中でピンポン玉を追いかけるのはもちろんのこと、外でもよく遊んだ。

 

当時、ウチの近所は空地や空き家が多かったのだが、ももちゃんは走り回って遊んでいたよ。

 

バッタとかセミとかを捕まえてきたものだ。

 

こうして、自然の中で鍛えられたのがよかったのか、ももちゃんはとっても元気で、病院の予防接種なんて受けたこともなかった。

 

10歳ぐらいになっても元気いっぱいだったが、さすがに15歳を過ぎると、ジャンプ力が低下し、毛艶が無くなってきた。

 

それでも、私がアルバイトから帰ってくると、2階から降りてきて、玄関でお出迎えをしてくれた。

 

家族の中でも、私に一番なついてくれて、ご飯を食べるのも、寝るのも一緒だった。

 

 

 

そのももちゃんも3年ぐらい前に21歳で大往生を遂げた。

 

 

 

私がうれしい時もつらい時もいつも一緒だったももちゃん。

 

今も私の心の中に生きています。

 

けーいちさん、もう寝ましょうよとかけーいちさん、幸せですねとしばしば呼びかけてくれる。

 

 

 

この30年間は私にとっても日本にとっても大変な時代だったが、ももちゃんがいてくれたからがんばれたよ。

 

私がノイローゼの時も、就職に失敗した時も、バイトで嫌なことがあった時も、家に帰れば、ももちゃんとのハッピータイムがあったんだ。

 

 

 

というわけで、私にとって、平成の30年間とは、ももちゃんと一緒に過ごした時代に他ならない。

 

ももちゃん、ありがとう。

 

 

 

にゃー、照れるニャー、という声が聞こえてくるよ。

 

 

 

 

 

じゃあまたね。

 

またにゃ。